“公園の前にたむろってる不良。通りがかりのじいちゃん。「おい、あんたらそこどけ」「なんだやんのか」「上見ろ。鳩が電線に居る。身体がふくらんどる。糞するぞ」投下「ギャヒァア!あぶねぇ!じーちゃんアザーす!」「そろそろ暗いから帰りなさい」「ちーす!ざーす!」っていうのを見たよ。”
“何回か言ってるけど、うちの会社の就業規則には離婚と結婚を繰り返したら無限に祝い金が貰える脆弱性があるので誰か攻撃してみてほしい。”
supplyside:

F4U

supplyside:

F4U

(出典: clemente3000)

“母パート
弟デート
俺ニート”
“要介護ウォッチの爺婆ニャンって単語やばすぎ”
(via rcxtester)
“女子中学生に「今日は大学でどんなお勉強したの?」「難しくてわかんない!あたしにもわかるように説明して?」と聞かれる妄想をして女子中学生にもわかるようにノートにまとめて横に女子中学生いるつもりで読みあげてた頃が1番成績よかった”

今は亡き婆ちゃんから聞いた話
婆ちゃんが曾婆ちゃんとか、先祖から言われてきた事

「山には絶対に鏡を持ち込むな」

山は人ではないモノに逢う事が多いが、通常は気付かないフリでノープロブレム
でも鏡はKYな存在で、異なる存在同士を結び付けてしまう力があるらしい

婆ちゃんが先祖から言われたのが、
「山で鏡に自分自身を写した時、昼なのに背景が夜になってたら手遅れだ」
既に自分の存在が「人とは異なるモノ」の世界に取り込まれているらしい
そういう時に、「神隠し」が起こるらしい
さらに言うと「完璧な神隠し」というのがあって、
この場合は居なくなった事、もともと居たという存在を消されるらしい

たぶん山での遭難を避ける戒めだと思うが、この話を聞いた時は正直怖かったな

“それにしても、慰安婦といい調書といい、吉田とか福島という言葉が重なる偶然が面白いです。”
digg:

This is what it looks like to actually “burn rubber”